2023-12

03 Books

【43冊目】フェルディナント・フォン・シーラッハ『犯罪』 

短編集というか一編が20ページとかなので掌編集といってもいいのかな。様々な形の「犯罪」が描かれるのだが、犯罪小説というよりは犯罪にまつわる人間模様を描いたものが多い。余韻のあるものもあれば、ショートショートっぽくオチがつくものもある。著者(...
03 Books

【42冊目】今村昌弘『屍人荘の殺人』

2017年に鮎川哲也賞を受賞し、このミスをはじめその年の賞を総嘗めにしたという超話題作。主人公は先輩と二人で「ミステリ愛好会」として活動する大学生。そんな彼らが夏休みに映画サークルの撮影合宿に混じって山中のペンションで過ごすことに――という...
02 Too Fast To Live Too Young To Die

2023/12/01(金)慌てた

昨晩の再入稿データに表紙が入ってなかったのでデザイナーに連絡して朝一番でアップしてもらう。印刷所からすぐに表紙の確認PDFが来たのでオッケーを出す。デザイナーとメールをやりとりしていると、本文にすごい間違いがあったことが発覚した。ほかにもあ...
02 Too Fast To Live Too Young To Die

2023/11/30(木)ダメージの多い日

本日、再入稿の締切。なんとかギリギリで昨日まで空白だった20ページくらいが埋まった。午前中いっぱいを使って校正。アンケートもようやく全員揃ったので集計する。まあ1~3位くらいは昨日までの集計データで概ね固まっていたとおりで大きな動きはない。...
02 Too Fast To Live Too Young To Die

2023/11/29(水)自家製カレーカツ丼

昨日は入稿でバタついたのだが、どうもデザイナーが出先で作業していてPCトラブルに遭った模様。朝一番でデザイナーから電話がかかってきて深く詫びられる。まあ仕方ない事情なので仕方ないと思います。ということでその後も着々と原稿が届くのでデザイナー...
02 Too Fast To Live Too Young To Die

2023/11/28(火)いまいちな昼食と美味しい夕食

両親が今日から一泊旅行。午前中に表周りを印刷所に入稿。近所のタイ料理屋のテイクアウトでガパオ+グリーンカレー。よく買っているのだが、今日はカレーが妙に甘い。これ失敗してるのでは。デザイナーさんと原稿のやりとりをしつつ各所に催促。バタバタしつ...
03 Books

【41冊目】藤谷治『新刊小説の滅亡』

旧ブログでやってた「1000冊紹介する」シリーズを再開します。過去ログはこちら。かっちりした書評とかではなく、読んだ本を速報的に簡単に紹介するシリーズです。ということで今回は11月の文学フリマで買った本の中から、フリー編集者の仲俣暁生さんの...
02 Too Fast To Live Too Young To Die

2023/11/27(月)地元映画への期待

地元の駅に向かう途中、キノコヤの前で何やら撮影をしていた。またなにか映画を作るのだろうか。『にわのすなば』は面白かったので、楽しみに待ちたい。近所のスーパーでカレーを買い、合わせてロースカツも買ってドッキングさせてカツカレーとする。うまい。...
02 Too Fast To Live Too Young To Die

2023/11/26(日)あれはなんだったんだろう

11時ごろに起床して鼎談の起こしに着手。12時すぎに母方の伯母夫妻、従弟の奥さんとその母君が来宅。ご挨拶も兼ねた食事会みたいなことに。従弟の奥さんの母君というのが実にエネルギッシュでよく喋る人だった。2時間ほど団欒して、父の畑を見に行くとい...
02 Too Fast To Live Too Young To Die

2023/11/25(土)麺と酒と麺

10時起床。今日も今日とて原稿整理に精を出す。昼食はちょっと早めに11時半ごろにいただく。冷蔵庫にあった生麺を使ってリュウジ虚無レシピの味噌ラーメンを作る。冷蔵庫にいろいろ具材はあったので(チャーシューがないものの)虚無というには豪華なもの...